toggle

チャイナエアラインエコノミークラスの機内食

2度目の台湾。10年振りの台湾です。台湾へはチャイナエアラインを利用して行きました。

行きは、成田空港から桃園空港行きのCI101便に乗りました。帰りは、台北松山空港から羽田空港着のCI222便に乗りました。

台北松山空港

2010年に国際空港になった台北松山空港。台北市内にあるから桃園空港と比べると超便利です。ギリギリまで台湾を楽しむことができました。

スポンサーリンク

CI101便(成田から桃園空港)の機内食

CI101便(成田から桃園空港)の機内食

成田から台北(桃園国際空港)行きの便(CI101便)は、午後2時45分に成田空港を出発(現在は14時35分)。機内食が運ばれてきたのは午後3時55分頃でした。メニューは2種類ありチキンとビーフ。

写真はチキンの機内食です。チキンと野菜の煮込み、マッシュポテト、パン、かぼちゃサラダ、ハム、プチトマト、ブラックオリーブ、フルーツの盛り合わせ、チョコレートケーキ。チキンのソースはデミグラス。柔らかく煮込まれていました。

チャイナエアラインの機内食

ビーフの機内食です。牛丼、かぼちゃサラダ、ハム、プチトマト、ブラックオリーブ、パン、フルーツの盛り合わせ、チョコレートケーキ。メイン以外は同じ。チョコレートケーキが美味しかったです。

CI222便(台北松山空港から羽田)の機内食

CI222便(台北松山空港から羽田)の機内食

台北松山空港から羽田行きの便(CI222便)は、午後6時15分に台北松山空港を出発。機内食が運ばれてきたのは頃でした。

メニューは2種類ありましたが、後部座席に座ったので選ぶことができませんでした。残念。残っていたのはポークの機内食。メニューは、酢豚のような味付けのおかず、ブロッコリー、ごはん、サラダ、プチトマト、フルーツ、パイナップルケーキでした。

機内食で、台湾の定番土産「パイナップルケーキ」を食べられるのは嬉しいけど、美味しいパイナップルケーキを散々食べた後だったので、口が肥えてしまい感動しませんでした。行きの便で食べたら絶対にテンション上がっていたと思う。

2016年12月02日 | 台湾旅行記
スポンサーリンク
おすすめ旅行記

    関連記事はありません