toggle

キムタイン(KIM THANH)のバインフラン

ベトナムでバインフランを食べるならここ!と最新版の「まっぷるベトナム」に紹介されていたキムタイン(KIM THANH)。

なんでも、「牧場から直送される新鮮な牛乳を使ったバインフランとヨーグルトが人気で、特に自家製バインフランは昔懐かしい素朴な味わいで絶品」らしい。

バインフランはベトナムプリンのこと。プリン好きにはたまらない情報です。宿泊したホテルから徒歩で行ける場所だったので、キムタイン(KIM THANH)に行ってみました。

スポンサーリンク

キムタインはサラメシ食堂

バインフラン(プリン)とヨーグルトがおいしい店って事で、スイーツ専門のカフェを想像していたら・・・

サラリーマンとOLさんに人気のサラメシ食堂でした。

昼時に行ったのが間違いだったかもしれません。キムタインは働くサラリーマンとOLさんでいっぱい。「ランチをのぞけば人生が見えてくる、働くオトナの昼ご飯、それが「サラメシ」」と中井貴一のナレーションが聞こえてきそうな雰囲気。

みなさんお昼ごはんを食べていて、バインフランやヨーグルトを食べている人が見当たらない(笑)

キムタインの喫茶コーナー

キムタイン(KIM THANH)の喫茶コーナー。入口にあります。ランチを食べ終わった人が飲み物を買って帰ったり、飲み物だけを買って帰る人もいました。

キムタイン(KIM THANH)のメニューです。有名なベトナム料理は一通りあるという感じです。

キムタイン(KIM THANH)の冷蔵庫。ヨーグルトとバインフラン(プリン)がいっぱい。冷蔵庫を見ると、やはりヨーグルトとバインフラン(プリン)はキムタイン名物のようです。

キムタイン(KIM THANH)の冷蔵庫。牧場から直送される新鮮な牛乳が並んでいます。

キムタインのバインフラン(プリン)

キムタインのバインフラン(プリン)です。注文すると数秒で出てきました。フォーとブンチャーを一緒に注文しましたが、順番などおかまいなしに出できました。デザートは食後に食べたい人は、食べ終わった後に注文したほうが良さそうです。

肝心のお味ですが・・・想像していたプリンと違う。甘くなくて苦いです。コーヒー味です。

キムタインのヨーグルト

キムタインのヨーグルトです。プリント同じく注文すると数秒で出てきます。冷蔵庫から出してくるだけだから早いですよね。

お味は素朴な味です。日本のヨーグルトで近いのはチチヤスヨーグルトかな。

キムタインの麺

バインフランとヨーグルトだけ食べて帰るのは申し訳ない雰囲気だったので、牛肉フォーとブンチャーを注文しました。

キムタインの牛肉フォーです。

お味は可もなく不可もなく。不味くはないけど、2回目はないです。やっぱり専門店のほうがおいしいね、という感想に。

キムタインのブンチャーです。

ハノイで食べるブンチャーよりあっさりしてました。牛肉フォーよりは美味しかったけど、やっぱりハノイで食べるブンチャーがいいですね。

バインフラン(プリン)に大きな期待を抱きすぎたせいか、感動は薄かったけれど、お茶のサービスがあった事は感激。こういうローカルな食堂でお茶のサービスは珍しい。上の写真の左上に少しだけ写っているのがお茶です。よく冷えて美味しかったです。

2018年07月30日 | ホーチミン旅行記
スポンサーリンク
新刊でました!地球の歩き方

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

新品価格
¥1,836から
(2018/7/19 13:01時点)

ベトナム旅行の強い味方!地球の歩き方の新刊(2018~2019)が今年も出ました~。毎年、情報が更新され、情報が細かいので助かります。 ベトナムは成長著しい活気ある国。新陳代謝が激しいのに旅行雑誌が少なくて、だから、地球の歩き方は重宝してます。
おすすめ旅行記