toggle

ベトナム航空ビジネスクラスの搭乗記(787−9型機)

ベトナム航空ビジネスクラスの搭乗記です。

  突然、エコノミーからビジネスクラスにアップグレードからの続きです。

突然、何の前触れもなく、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードをしてもらい、ビジネスクラスに乗るという、またとない幸運をプレゼントしてもらったので、アップグレードされたときの話に続き、ビジネスクラスについてレポートします。

ビジネスクラスの搭乗券

写真はビジネスクラスの搭乗券です。エコノミーの搭乗券は青でしたが、ビジネスクラスはゴールドです。

スポンサーリンク

VN310便のビジネスクラス

ビジネスクラスは、ハノイから成田への帰国便(VN310便)で搭乗しました。VN310便は、VN311便(成田~ハノイ)と一緒に、2016年1月から「ボーイング787−9型機」という新しい飛行機になりました。というわけで、最新型の飛行機のビジネスクラスに乗ることができました。

B787-9ビジネスクラス

ビジネスクラスは28席あり、横に(1席)(2席)(1席)の4席並んでいました。写真は、中央部の(2席)のところです。ちなみに、エコノミークラスは、横に(3席)(3席)(3席)の9席が並んでいます。

ビジネスクラスシートの長さは106.7cm、幅は51cm。エコノミークラスシートの長さは78~81cm、幅は41.4cm。数字で比べてもビジネスクラスはゆったりしているのがわかります。

ビジネスクラスシートはフルフラット

ビジネスクラスの座席シート

「ボーイング787−9型機」のビジネスクラスシートは、フルフラットになるのが特徴。リモコンで操作すると座席が静かにうぃーんと動き出し、座っているところが赤く囲んだところまで移動し、ぺったんこ状態になり、足を伸ばしてゆったり眠ることができます。飛行機で脚を伸ばせるってこんなに快適なんだと、元都知事のことを思い出しました。

ベトナム航空ビジネスシート

照明が消えてから撮影したので写真が少しくらいですが、横からの撮影です。
これが、180度完全リクライニングできるフルフラットシートです。
 
B787ビジネスクラスのリモコン  

左から、読書灯、テレビのリモコン、USB接続端子、リクライニングシートのリモコン(シートコントローラー)です。

ビジネスクラスのアメニティキット

ビジネスクラスのアメニティポーチ

写真は、アメニティポーチと中に入っていたアメニティグッズです。

中身は、左から、靴下、アイマスク、歯ブラシセット、ブラシ、ボディーローション、リップクリーム、イヤプラグ(耳栓)。この他に、「PLEASE DO NOT DISTURB」(起こさないでください)「PLEASE WAKE ME UP FOR MEAL」(食事の前に起こしてください)「PLEASE WAKE ME UP FOR DUTY FREE」(免税品の販売前に起こしてください)という意思を表示するシールが入ってました。

ビジネスクラスのアメニティグッズ

枕とブランケットとスリッパ、そして開封する前のアメニティグッズです。前の棚というかフラットにすると足を置くところになる場所に置かれていました。ビジネスクラスはアメニティグッズがあるんだすね。無縁だったのでビックリ。スリッパまで用意されていることにもびっくり。至れり尽くせりなんですね。

ビジネスクラスのスリッパ

スリッパとブランケットのアップ写真です。スリッパとブランケットも優しい素材でした。ブランケットはエコノミークラスよりも大きい感じがしました。

ビジネスクラスのTVモニター

ビジネスクラスのTVモニター

ビジネスクラスのTVモニターです。
約16V大型プライベートディスプレイです。ボタンを押すと見やすい位置に移動します。見ないときはモニターを押すと収納できました。

約16V大型プライベートディスプレイ

航路図は3Dマップです。この画面はエコノミークラスと同じですが、画面が大きいと迫力がありますね。

エンターテイメントは、映画、TV番組、音楽、ベトナムの観光案内、ベトナム航空の紹介などがありました。映画はベトナムの映画が多く、外国の映画は古い映画ばかりで、食いついてみるほど面白い映画はありませんでした。でも、ベトナム映画を鑑賞する機会なんて滅多にないので見てみましたが、ベトナム語がよくわからなくて諦めました。

機内のエンターテイメントは期待しないほうがよさそうです。さて、次はベトナム航空ビジネスクラスの機内食のリポートです。

2016年09月09日 | ベトナム航空
スポンサーリンク
新刊でました!地球の歩き方

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

新品価格
¥1,836から
(2018/7/19 13:01時点)

ベトナム旅行の強い味方!地球の歩き方の新刊(2018~2019)が今年も出ました~。毎年、情報が更新され、情報が細かいので助かります。 ベトナムは成長著しい活気ある国。新陳代謝が激しいのに旅行雑誌が少なくて、だから、地球の歩き方は重宝してます。
おすすめ旅行記