toggle

COM THO CHAY(ハノイのビンコムセンター)

ベトナムハノイで、シンガポール料理の「クレイポットライス」を食べました。

ビンコムセンターレストラン街

クレイポットライスが食べられる店は「COM THO CHAY(コム・トー・チャイ)」というレストラン。場所は、ハノイのHai Ba Trung(ハイバーチュン)区にある百貨店「ビンコムセンター」の5階。ビンコムセンターの5階はレストラン街になっています。

スポンサーリンク

クレイポットライス専門店COM THO CHAY

COM THO CHAY(コム・トー・チャイ)は、★フエ料理の「MON HUE」と★フォーの「PHO ONG HUNG」と★バインミーの「Great Banh Mi & Cafe」と一緒にひとつの店舗になっています。

4店舗ともHuy Vietnamという会社が経営しているレストランチェーン店。公式サイトを見ると、ホーチミンとハノイで約140店舗も展開してました。すごい。だけど、このCOM THO CHAY(コム・トー・チャイ)は、今のところ、ハノイではビンコムセンターにあるだけみたい。

Huy Vietnam

店内の写真です。超清潔です。机も椅子もゆったりしていて日本のファミレスに似た感じです。

店員さんは礼儀正しく、メニューを見ている間、ずっとそばで待ってくれました。しかし、嬉しいような申し訳ないような複雑な気持ちに。4店舗分もメニューがあると選ぶのに迷ってしまうんですよね。そばで待たれると焦ってしまい、結局、店員さんオススメの「クレイポットライス」を注文してしまいました。

ベトナムのクレイポットライス

注文したのは、「COM GA NAM DONG CO MOC NHI」。鶏肉ときのこの土鍋ご飯です。

COM GA NAM DONG CO MOC NHI

COM GA NAM DONG CO MOC NHIです。注文して運ばれてくるまで25分くらいかかりました。一緒に注文したフォーは10分ほどで運ばれてきたので、注文を受けてから作っているんでしょうね。

土鍋の蓋を取った瞬間驚いたのはメニューの写真とずいぶん違うこと。それ以上に驚いたのが、お醤油のいい香り。

実は、クレイポットライスがシンガポールの郷土料理だと知ったのは帰国してから。食べているときも、「どの地方のベトナム料理なんだろう」と想像しながら食べてました。初めて食べる料理だったけど、炊きたてのご飯は美味しかったです。見た目の悪いキノコもこれまたおいしくて、なんという名前のキノコなのか?・・・キクラゲと椎茸を合体させたような味と食感でした。

そして、鍋底のおこげがうまい!!

ベトナムのクレイポットライスは50,000VND。日本円で250円くらいです。シンガポールで食べるより安い。なぜかベトナムでシンガポール料理を食べることになったけどお得な気分。ごちそうさまでした。

2016年11月02日 | ハノイグルメ
スポンサーリンク
新刊でました!地球の歩き方

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

新品価格
¥1,836から
(2018/7/19 13:01時点)

ベトナム旅行の強い味方!地球の歩き方の新刊(2018~2019)が今年も出ました~。毎年、情報が更新され、情報が細かいので助かります。 ベトナムは成長著しい活気ある国。新陳代謝が激しいのに旅行雑誌が少なくて、だから、地球の歩き方は重宝してます。
おすすめ旅行記