toggle

ハノイの名物菓子「バインコム(Banh Com)」

ハノイ名物の菓子「バインコム(Banh Com)」を食べました。

ハノイで見た結婚式の装飾品

スポンサーリンク

見た目スライムのバインコム

旧市街の北にある「ドンスアン市場」からさらに北に10分くらい歩いたところに「プリン通り」と呼ばれる道りがあります。

プリン目的でプリン通りに向かっていると、上の写真のような派手な店がたくさんあります。その派手な店の中に並んでいる商品の中で「なんだこれ?」と一際目立っているのがバイコム。

手作りのバインコム

このバインコムを黙々と作っている店が多くて、熱心に作っている様子を見ていると、いったいどんな味がするのか気になり、「AN NINH」という店に寄ってみました。

AN NINH

AN NINHは、Hang Than通り(ハンタン通り)にあり、他の店舗と比べると従業員が多く、入りやすい雰囲気だったので、ここに決めました。。

shopinfo

 店名:AN NINH
 住所: 22 Hang Than, Nguyen Trung Truc, Ba Dình, Ha Noi,

バインコム

バインコムです。

黄緑色の外見は、むかし流行ったスライムで作ったみたい。おいしそうに見えなくて全く食欲をそそりません。しかし、食べてビックリ!意外とうまい!作りたてだったからか、お餅が柔らかい柔らかい柔らかい。餅の中に入っている餡はほんのり甘い。

バインコムは、通常より早く収穫した緑色のもち米で作ったお菓子で、餅の中には緑豆とココナッツのあんが入ってます。

バインコム5,000VND

1個5,000VND。日本円で25円くらい。

日本に買って帰りたかったけど、賞味期限が3日間しかない。お土産にするには短いのです。時間が経つとおいしくないという噂もあり、なのでバインコムを食べるときは作りたてがオススメです。

バインコム通り

バインコムは、若いお米で作るお菓子なので「若い二人の門出を祝う」という意味もあり、結婚式のお土産に配られるそうです。私が買ったビニールで簡単に包まれただけのバインコムの他に、贈答用の立派な箱に入ったバインコムもたくさん売られてました。

帰国して調べると、バインコムは店によって味がずいぶん違うらしく、Nguyen Ninh (寧源)という店のバインコムがおいしくて有名なんだそうです。ベトナム版の食べログFoody(フーディー)での評価も高い。

「Nguyen Ninh」という店は写真を撮ったかもと調べてみると、バインコム通りには似たような名前の店がたくさんあるらしく、上の写真も似ているだけでした。寧源のバインコムを食べるなら事前に場所を確認したほうが良さそうですね。

Nguyen Ninh (寧源)の地図

shopinfo

 店名:Hieu Banh com Nguyen Ninh
 住所: 11 Hang Than, Nguyen Trung Truc, Ba Dình,Ha Noi,

2016年11月13日 | ハノイグルメ
スポンサーリンク
新刊でました!地球の歩き方

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

新品価格
¥1,836から
(2018/7/19 13:01時点)

ベトナム旅行の強い味方!地球の歩き方の新刊(2018~2019)が今年も出ました~。毎年、情報が更新され、情報が細かいので助かります。 ベトナムは成長著しい活気ある国。新陳代謝が激しいのに旅行雑誌が少なくて、だから、地球の歩き方は重宝してます。
おすすめ旅行記