toggle

ロン橋(ドラゴンブリッジ)炎と水のショー

ダナン開放記念日に開通した「ドラゴンブリッジ」で、毎週土曜日と日曜日の午後9時前後にドラゴンが炎や水を吹くイベントがあるというので見学に行ってきました。

ロン橋

ドラゴンブリッジです。
ドラゴンブリッジの正式名称はロン橋。「ロン」は「龍」という意味です。

ロン橋はハン川に架かる橋で、東側にはミーケービーチがあり、西側には空港があります。夜になると写真のようにライトアップされ、時間とともに金色、黄緑色、青色など変化します。

スポンサーリンク

豪快に炎や水を吹く!ドラゴンブリッジ

ロン橋の長さは666m。
ドラゴンの頭は東側にあり、火や水は頭から吹きます。東側の頭から火を吹くことを知らずに西側にいたら最悪。666mもあるのでイベントが始まってから気がついても間に合いません。見物客も多いので、早めに行動したほうがいいです。

ドラゴンブリッジ

私は30分前にロン橋に到着。
ホテルが西側なので、ドラゴンの尻側から頭に向かって橋を渡りました。写真はドラゴンの頭です。目がハートになってます。ドラゴンなのに可愛いです。

火を吹くダナンのドラゴン"

イベントの開始時刻は、日本のようにきちんと決められた時間に始まらないと聞いていたけど、私が見学した日は午後9時ちょうどに始まりました。5分くらい前から交通整理が始まり、橋が通行止めになり、何のお知らせもなく、突然、ドラゴンが火を吹き始めました。

火を噴くドラゴンブリッジ

火を噴くドラゴン。

激しく火を噴くドラゴンブリッジ

激しく火を噴くドラゴン。

炎上するドラゴンブリッジ"

炎上しそうなくらい火を噴くドラゴン。「ブォ~~~」。

消火活動を始めたドラゴン

消火活動をはじめたドラゴン。

水を吹くドラゴンブリッジ

水を吹き続けるドラゴン。火も豪快に吹いてましたが、水も豪快です。見る場所によっては、見学者もびちょ濡れに。

通常に戻るドラゴン橋

炎と水のショーが終わった途端、何事もなかったように車が橋を渡り、見物客も帰っていきました。

あっという間に終わったので、写真をうまく撮ることができなくて、日曜日にリベンジだ~!と予定を立てましたが、いざ時間になると、なんだか面倒になってきて諦めました。炎と水のショーは一度見たら満足かな。近くで見られて面白かったです。

2016年09月21日 | ダナン旅行記
スポンサーリンク
新刊でました!地球の歩き方

D21 地球の歩き方 ベトナム 2018~2019

新品価格
¥1,836から
(2018/7/19 13:01時点)

ベトナム旅行の強い味方!地球の歩き方の新刊(2018~2019)が今年も出ました~。毎年、情報が更新され、情報が細かいので助かります。 ベトナムは成長著しい活気ある国。新陳代謝が激しいのに旅行雑誌が少なくて、だから、地球の歩き方は重宝してます。
おすすめ旅行記